FC2ブログ

Shore Type BLOG

陸っぱりの可能性を徹底追求!大分市を南北に流れる大野川を中心に自然豊かな大分のフィールドでLFを楽しんでます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「 Stream Fishing Season 9 - 新緑の溪にて#1 - 」

20180503001.jpg





.



昨日の雨で予定を変更




本来ならば

先に半島のメバルと決着をつける...筈が

あいにくの強風予報ということで

雨後が激アツとなってくる山行きと入れ替え。

水量が減ってきてただけに...この雨に期待です。




水量は申し分なし...と思ってたんだけど

この地域ではあまり降らなかったのか?

イメージしてたよりもかなり大きな誤差が生じる。



本来は沈んでいる岩も頭を出し

やはり水量は少なめといった今回。

気温の上昇でそろそろ瀬に姿を現わしても

良い時期だけにそこを意識してみました。

モニター品のMIU2018が届いたことで

このスプーンをメインにミノーを少しだけの編成。

2.2g 2.8g 3.5g の中から 2.2g3.5g を選択。

水が減ってる理由で瀬を2.2g 水深のある淵を2.8gで

表層を流して釣る!...というのが今回の狙いです。





そんな入渓地点の深み。

まだ日も射し込まない溪で

イメージどおり表層のスプーンに反応する。



20180503002.jpg

20180503003.jpg



サイズは8寸...と平凡も体の線は悪くない。

この水量だからこのサイズが引っぱってくれれば

ボクは満足することが出来ちゃいます。




これまでと違って

表層を意識しているのはもはや確実





魚のポジションが変わり

水の中の季節も移行したことを実感しました。



20180503004.jpg



流れの線をアップクロスに刻んでいく。

ひとつの場所で何匹のヤマメを釣ることが出来るかは

その攻め方次第。あそこに投げれば確実に釣れる

...それは解ってるんだけど、それをやってしまっては

勿体ないし楽しみが減っちゃう。魚は流れに対して

頭を上に向けてるからルアーを少しでも見せない

ように刻んでいくのがコツ。これが釣果の差にもなります。



👆 中央付近の岩はみな普段は沈んでる

水が減ってることで警戒心も上がってるヤマメに対し

刻んだからこそ、この小場所だけで5匹のヤマメをヒット。



20180503005.jpg



ほぼ思いどおりの所で魚が出てるから

それが釣果以上に嬉しいことになっちゃいます。




そんな感じに

表層を強く意識したヤマメたちと遊びまくり

特別なサイズこそ出なかったものの

新緑が眩しくなってきた渓谷でリフレッシュ。

ここはボクにとってやっぱり特別な空間です。



20180503006.jpg

20180503007.jpg

20180503008.jpg



とりあえずは雨待ち...といった現状も

水量さえあれば大型が期待できるこれからの季節。

新緑から深緑へ....

季節感を感じながら今シーズンも楽しみたいものです。




スポンサーサイト

| Stream Fishing | 11:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT