FC2ブログ

Shore Type BLOG

陸っぱりの可能性を徹底追求!大分市を南北に流れる大野川を中心に自然豊かな大分のフィールドでLFを楽しんでます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「 Limitless Challenge !! - 2018ホーム河川の汽水域#16 - 」

20180622001.jpg




.



ようやく纏まった雨が降る




その影響で本流は濁流の増水状態。

渓流へと向かうつもりだったんだけど....

本流の増水具合を見たことで山行きを断念する。





...で

急遽プランBのホーム河川でのシーバスゲーム。

こんな時ベイトは決まって岸際

そのベイトを狙って食物連鎖が生じているのだから

ベイトが溜まる場所を選択できればゲームは成立します。



もっと言えばベイトが行き場を失う

そのタイミングこそ....まさに時合いなんですよね

表層には確かなベイトっ気

悪くない ...と思っていたら

すぐに勢い余ってライズしたシーバスは70センチぐらい

もちろんこれを見て....もらったぁぁぁぁと思う。




ペンシルベイトの引き波効果

これが今日最初に選択したボクのメソッド。

すると

先ほどライズしていた個体か?

すぐに水面を割るもミスバイトでフッキングに至らず。

だけど

この選択肢は間違っていないのは確かで.....

ふたたびバイトへと持ちこみヒットしたんだけど



20180622002.jpg



ライズしたシーバスには遠く及ばない ^^;

〝ちぃ~ばす〟が今日のファーストヒットとなる。

サイズを選べないのは残念だけど

確実に狙ったターゲットと遊ぶことが出来れば


特に言うことはないんですよね

このあとも濁りのカーテンの下から

2度のバイトに持ち込むもフッキングに至らず。

そして

ここで反応が完全になくなってしまう。




....で

次の策はバイブの表層早巻き。

...といっても沖めではなく

足元近くのリアクションバイトってのがボクの狙い。




そして

すぐに結果は出る



20180622003.jpg



接近戦だから本来の引きを楽しむことは

出来ないけれど....結果を出すためには手段は選ばない

まぁ条件が条件なだけにボクはこれで満足出来ます。




このあとのバイトは3発!

...も接近戦ゆえのフッキングの甘さが露呈する形に。

この濁りがあるうちはしばらく鉄板

次はちょっと良いサイズのシーバスを仕留めたいですねぇ




スポンサーサイト

| Daylight Seabass | 09:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT