FC2ブログ

Shore Type BLOG

陸っぱりの可能性を徹底追求!大分市を南北に流れる大野川を中心に自然豊かな大分のフィールドでLFを楽しんでます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「 Stream Fishing Season 9 - 深緑の溪にて#3 - 」

20180716001.jpg





.




梅雨明け以降...危険な日が続く




連日の真夏日....ただいま連続記録を更新中。

そんな感じなんで

涼を求めて早朝の溪へと出撃。

そこにはひんやりとした特別な空間が広がっています。



...といっても

この渓谷にも日が射し込めば状況は一変

いくら水辺と言っても直に受ける夏の日差しは

体力を一気に奪ってしまうから早めの決着が理想。

いつもよりも自然と足早の遡行になっちゃいます。





水量は申し分なし。

入渓地点から数多くのライズも見られることで

表層に意識があるのは間違いなく

とりあえずは軽量のスプーンで表層を流していく。



20180716002.jpg



すると

面白いように次から次へとヒットとなるんだけど

サイズの方は全部こんな感じなんで

スプーンのウェイトを上げて少し下のレンジを狙ってみる。





その狙いはズバリ的中。



20180716003.jpg



サイズは上がったけれど...これではまだまだ。



それでも

ウェイトアップの効果か?



20180716004.jpg



このあと泣き尺のヤマメにまで到達。

こんなヤマメばかりなら嬉しいんだけど

そんなに簡単にいかないのはもちろんで....



20180716005.jpg



このサイズがこのあとはアベレージとなってしまう。

それでも夏らしい幅広のヤマメの引きは格別

魚体に幅があることで引きも強く感じるんですよね。





次第に溪に日が射し込むようになると

ヒット場面が多くなるのはどうしても日陰の所。



20180716006.jpg

20180716007.jpg



ヤマメもこの暑さにはまいってる?(笑

ついそんな風にも思っちゃいます。




...といっても

陽に照らされた所じゃ釣れないのか?

っていったらそれは大きな間違いで.......

岩周りをスプーンで通せば飛び出してくるんだから



20180716008.jpg



岩陰に身を潜めて餌を待っているんだと思います。

いい感じの水量だったんだけど

結局このあと....目を奪われるようなサイズには出逢えず。

こんなサイズのヤマメばかりとなっちゃいましたが

数釣り出来たことが欲求を満たす結果となりました。




毎回が減水となるこれからはシビアな状況に。

雨後が一つのキーワードとなってくるんだけど

まだまだシーズンを終えるつもりはなし。

涼を求める.....

そんな軽い気持ちで次回も遡行してみたいと思ってます。




スポンサーサイト

| Stream Fishing | 09:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT