FC2ブログ

Shore Type BLOG

陸っぱりの可能性を徹底追求!大分市を南北に流れる大野川を中心に自然豊かな大分のフィールドでLFを楽しんでます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「 Stream Fishing season 9 - 真夏の溪にて#1 - 」

20180801001.jpg





.




反対方向からやってきた台風から中2日





雨もそんなに降った感じはしないけれど

この台風で少しは溪も潤ったんじゃないか?

ってことに期待して夏の溪へと向かう。

...も

👆 のとおりの鉄砲水状態で...思わぬ大誤算!



これが局地的に激しく降るってことなんでしょう

あまり記憶のないほどの水量に....

濁り知らずのこの渓流にも薄っすらと入る濁り。

もちろん...このルートでの釣りは自殺行為なんで

安全に釣りが可能なプランBへと変更し移動する。





移動中も激しい雨。

予報とまったく違う状況に....

こんなの聞いてないよと呟きたくなるほど。




そんなプランBの入渓地点も....



20180801002.jpg



かなりの激流で...水量もこれまで見たここのMAXを更新。

....といっても

流れの筋は対岸だから

こっち側は見た目以上に緩くなってるんで

だから安全に釣りが出来るんですよね



魚のポジションは間違いなくこちら寄り。

だから狙う場所に移動する際は

警戒心を与えないよう細心の注意を払います。

あとは急激な増水に備えてすぐに脱出できる

場所を常に背負うことで安全対策も完璧。






...で実釣開始。

若干の濁りが気になるところだけど、こんな時でも

釣りが成立するのは過去の釣行でもう実証済み。

なんとかして...

この激流の中からデカいヤマメを出したいところです。



ミノーをその激流にキャストしてみれば

ルアーは一気に流れに持っていかれちゃう ^^;



そんな激流だから

その脇から岸際のピックアップまでが勝負どころ




すると

すぐに 思惑どおりの展開へと発展




どすっ!...といった衝撃のあとの重量感は

間違いなく狙いにきたサイズのヤマメ確定。




.....もう少し





だけど

ネットに手を回し掴んだところで

残念ながら痛恨のフックアウトとなってしまう。

そんなヤマメはもちろん尺上確定の個体。

魚体をハッキリと見ただけに悔しさがこみ上げてきます。




もうワンチャンぐらいあってもいい.....




状況は最悪だけど

立ち位置を少しずつ変えながら広角にキャスト

すると

これまた大型のヤマメがチェイスしてきたんだけど

ピックアップ寸前にフックを鍔まれフッキングには至らず。

...とたて続けにチャンスを逃してしまう。





雨脚はさらに強く




そんな中

可能な限り広範囲をチェックしてはみたんだけど

このあと良型ヤマメとのコンタクトはなく

ノーキャッチという屈辱的内容でそのまま終了となる。



20180801003.jpg



水の状態次第では

これが今シーズンのラスト!...って考えてたんだけど

現時点でこの水量ならばまだまだ終われない。

水量が落ちつくであろう...次回の休日

そこできっちりと今回のリベンジを果たしたいものです。




スポンサーサイト

| Stream Fishing | 11:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT