FC2ブログ

Shore Type BLOG

陸っぱりの可能性を徹底追求!大分市を南北に流れる大野川を中心に自然豊かな大分のフィールドでLFを楽しんでます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「 Limitless Challenge !! - 2018ホーム河川の汽水域#43 - 」

20181018001.jpg





.




メッキ遊び...からのシーバスゲーム





...というのが今日のプラン。

約1週間ぶりのホーム河川

そろそろコノシロを見つけて秋ならではの

本当のシーバスゲームを楽しみたいところ。





...で先ずはメッキの方

本来ならマズメ狙いがセオリーなんだけど

潮位的理由で早めのエントリーとなる。

だけど

マズメというのはあくまで相乗効果の一つ。

そこに魚が存在すれば一番大事なのは

タイミングであることは間違いないんですよね。

それを把握していれば魚とのコンタクトも高確に。

もちろんこれはどのターゲットでも同じで

テクニック云々...誰でも簡単に楽しめることが出来ます。




...といっても

その日の釣りをどう考え実践していくかは大事

すでに同ターゲット狙いの先行者がいるものの

当たってる様子はなかったんだけど.....

その観察結果を基に修正して実践してみれば



20181018002.jpg

20181018003.jpg

20181018004.jpg

20181018005.jpg



...といった具合に

のっけからダイナミックなアタリが

次々にボクのULタックルに襲いかかり

完全なるボコスカ状態でメッキ遊びの虜と化す。




およそ30分間...

ほとんど毎キャストに反応する入れ食い状態で

完全に攻略勝ちって思った次第です。






...で

数々の衝撃の余韻を手に残しつつ

秋のシーバスタックルへと持ち変える。




今シーズンはまだ目撃していないコノシロ。

思い当たる所を探してはみたんだけど

結局....見つけられず




こうなると別パターンの攻略でいくしかない

...といってもトップの釣りは譲れない

撃沈覚悟でルアーサイズを落としてやってみれば......




意外にあっさりと水面が爆発する






20181018007.jpg



ファーストフィッシュは 72センチ

たまたま(フロック)なのか?....それとも?

とにかく後続の有無がとても重要になってきます。





そして





後続となったミスバイトの発生で

必釣パターンへのヒントを掴めた気がしたんですよね




あいかわらずの捕食下手で

3発めも空振りに終わったんだけど





4発目のバイトはしっかりとフッキングに成功



20181018008.jpg



残念ながらサイズアップはならず

ナナマルを割っちゃったけれど明るい時間帯...

トップウォーターでのバイトシーンはホント堪りません。

過去の苦い経験を基準に

コノシロに固執することなく臨機応変に対応したことが

どうやら嬉しい結果へと結びついた気がします。



コノシロ発見まではこれでもOK



自然には逆らえないからそれは仕方のないこと。

意識しているのはトップウォーターでの釣りで

別にコノシロパターンのシーバスに拘っている

わけじゃないからまったく問題はありません。



これからますます深まっていく秋

状況は刻一刻と変化していく中で上手く対応して

晩秋のシーバスゲームを楽しめれば...と思っています。




スポンサーサイト

| TOP WATER GAME | 18:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT