FC2ブログ

Shore Type BLOG

陸っぱりの可能性を徹底追求!大分市を南北に流れる大野川を中心に自然豊かな大分のフィールドでLFを楽しんでます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「 Limitless Challenge !! - 2018ホーム河川の汽水域#44 - 」

20181028001.jpg





.



夜勤の仕事帰り

ホーム河川に足しげく通ったこの数日間。




目的はコノシロの確認

...なんだけど

昨年同様この時期になってもまったく見つけられず。

コノシロの存在なくしてボクの求める

トップウォーターによる秋のシーバスゲームは

成立しないから正直そろそろ修正も考えています。




...午後から川へ。

エリアを変えてはみたんだけど

ここでもやはりコノシロの姿は見当たらず。

トップウォーターからスタートするけれど

とにかくまったく水面を割る雰囲気を感じない。

悪いイメージでモチベも上がらないんですよね ^^;



トップが無理ならなんとか他のプラグで。

この状況を打開したいのはやまやまで

ミノーを投じてみれば.....

👆 あっさりと釣果にありつく



...も

後続はなく

現在の絶対数を物語っているか。





...で

いつものエリアへと移動してはみるものの

やっぱりコノシロの姿はなし。またしても

トップからミノーへの釣りを余儀なくされる。





開始から30分は経ったか

比較的早めの巻きにドスンとした衝撃。

タックルも本来のクラスに強化されてる現状

やり取りは余裕ありでまったく問題なし。



20181028002.jpg



魚体を見れば...おそらくはそこらを泳ぐ

イナっ子がベイトなのは間違いないけれど

ウエイトの乗る秋のシーバスには程遠い。

それでも長さだけは立派なランカーシーバス....

コノシロパターンとは対照的な9センチのルアー選択が

良い結果をとりあえずもたらせてくれました。




ここでは後続も登場



20181028003.jpg

20181028004.jpg



こちらは125ミリのミノーを丸呑み

サイズも86センチと申し分なし



それに秋を感じることが出来る魚体とあって

これを見てトップに対するモチベもあがり再挑戦。






ここからトップウォーターを投げる




広範囲をとにかく投げまくる。






...も

コノシロ不在...出会いがしら的バイトの恩恵はなく

水面を割らせることを出来ずに完敗で結局...納竿。




固執せず手段を択ばなければ釣る自信はある

だけど

秋のシーバスは

1にトップウォーター 2にデイゲームと

特別な思い入れがあるから、これは絶対に譲れない!

今の感じでは簡単に状況は変わりそうにないけれど

いざとなればナイターでうっ憤を晴らせばよいだけのこと。

こだわりは妥協することなく最後まで続けたいですね




スポンサーサイト

| Daylight Seabass | 17:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT