FC2ブログ

Shore Type BLOG

陸っぱりの可能性を徹底追求!大分市を南北に流れる大野川を中心に自然豊かな大分のフィールドでLFを楽しんでます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「 Limitless Challenge !! - 2018ホーム河川の汽水域#51 - 」

20181109001.jpg





.



本日もコノシロは不在




そんなこともお構いなしに

懲りることなくトップウォーターをブン投げる



...で

一度も水面が割れることなく 撃沈




...も

これは想定内なんで

今日はセカンドプランを用意してきたんですよね。


それじゃあココにシーバスは居ない?


そんな疑問の検証が今日のお題で

用意したバイブレーションで答え探しをやってみる。




ただ選択したバイブレーションは大失敗

引き重みはもの凄く、タフな釣りになってしまう。




それでも結果が出るのは早かった

ゴ...ゴゴ.....ゴン

まさにそんな明確なアタリで

ロッドティップが水面に突き刺さる。



気をつけなければならないのは

バイブレーションは良く釣れるルアーなんだけど

その反面バラシ率がひじょうに高いってこと。

そうしていると

水面から大きな頭が突き抜け豪快なエラ洗いを披露。



これを凌いだことでまずは一安心

寄せてから抵抗されないように

沖めで引きを楽しむように少しずつ取り込み態勢に入る。




そして



20181109002.jpg

20181109003.jpg



取り込みも完璧。

そんなシーバスは78センチ...と

惜しくもランカーサイズには届かなかったものの


やっぱりここにシーバスは居る


パターンが崩壊しているだけ...ってことを認識

でも大事なのはこの後なのよ

このままじゃフロックの可能性も高く

どうしても次の一匹がとても重要になってきます。





休憩を挟んだのち再開





すると

後続もしっかりとついてきたーーーーぁ♪




20181109004.jpg



サイズは下がちゃったけれど (72センチ)

手段を選ばなければ...楽しめると判断する。



このあとも2発のバイト!



...も

エラ洗いでフックアウトさせてしまうありさまで

ここは大きな反省材料となっちゃいました。




あとはもうコノシロ次第

トップ...からのバイブ

どうやらしばらくはそんな釣りになっちゃいそうですね ^^;




スポンサーサイト

| TOP WATER GAME | 14:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT